×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  三線小物»  カラクイ(カミゲン黒木製)1本売り

カラクイ(カミゲン黒木製)1本売り

宮古木工芸オリジナル製作 太めカラクイ
M-1 (カミゲン黒木製)1本売り

  • カラクイ(カミゲン黒木製)1本売り

  • 販売価格

    3,300円(税込)

  • 在庫

    1本

  • 購入数

カートに入れる(大)










  •  

    宮古木工芸は、三線製作を始める前は元々木工家具製作の工場でした。

    現在でも一枚板テーブルや木工小物などを製作しながら、同じ工場内で三線も製作しています。ある時お客様から”カラクイが細くて回しにくいので何とかなりませんか?”という問い合わせがありました。当時カラクイは県内で製作している木工所は無く、現在でもそのほとんどのカラクイが外国製となっています。

    ”無いなら作る!”当時弊社代表で会った与儀栄功の一声でカラクイ研究が始まりました↓

    ただ、元々カラクイの製作所が無かったため、カラクイを作る機械自体が存在しなかったのです。。

    技術自体は、木工旋盤の技術と同じなのですが、サイズ・角度・デザインが独特であったため、通常の木工旋盤では手間がかかるためどうしようか悩みました。でもすぐに答えが出ました。 ”そうだ!カラクイ専用の機械を作ろう!”という代表の一声で、カラクイを作るための機械開発が始まりました(笑)

    大阪の精密機械メーカーに宮古島まで来てもらい、弊社の木工のノウハウと三線について説明。それから何度か来島⇄試作品開発を繰り返し約3年をかけて
    カラクイ専用の旋盤機が完成しました。。

    それから数カ月試作を繰り返しながらこの
    「太めカラクイ」が誕生しました!

    その後全国のイベントへの出展にて試供調査を繰り返し、今まで以下のようなご意見をいただいています▼


    ”軽い力で回るので今まで無理やり回していたのがウソみたいに楽になりました。”

    ”太めカラクイに替えてから、カラクイを折らなくなりました”

    ”三線を飾ったときの見た目が豪華になりました”

    ”シンプルなデザインがしっくりきます”

    ”宮古木工芸で手作りしたものと聞くと安心して使えます”



    〇太めカラクイの特徴〇

    通常のカラクイの直径が約16mmに対し、太めカラクイは約20mmもあり握り心地がしっくりきます。

    10年以上の乾燥期間を経た材で作る三線製作時の端材から厳選された部位を使用し、材の仕入れから販売まで一貫製作なので、品質は折り紙付きです。在庫はその時により変動がありますので、ご購入前に事前にご連絡いただけると幸いです。


    *絃を通す穴はあけられていません。もしもあらかじめ穴あけ加工をする場合は事前にお知らせください。

    *三線に装着する部分は、削られていない状態です。装着する場合は弊社にお問い合わせいただくか、お近くの三線屋さんにご相談ください。

    *ただし、糸蔵が短く作られている特殊な三線には装着不可能な場合がありますので、気になる方は一度
    メールかお電話にてお問い合わせください。




    ▲通常のカラクイ 直径16mm 
     調弦時の参考写真



    ▲太めカラクイ直径 20mm
     調弦時の参考写真




    ▲通常カラクイと太めカラクイ比較


    ▲通常のカラクイ 直径16mm 
     装着時の参考写真



    ▲太めカラクイ 直径20mm
     装着時の参考写真

     


    他にも宮古木工芸では色々な太めカラクイを製作しています↓


    ▲太めカラクイ(ライン玉無し)
    ¥3,300~¥4,400


    ▲太めカラクイ(玉のみ、ライン入り、両方入り)
    ¥4,400~¥5,500

関連商品